優秀賞

高齢者が家々の資源を生まれ変わらせ知識も配達します

加賀城俊正さん(大阪市中央区、58歳)

元気な高齢者たちが、コミュニティの家々の生ごみや、剪定材などを集めて回ります。集めた資源から、地域のエネルギーセンターでバイオガスをつくり、利用するとともに、できる堆肥を使い、高齢者たちが都市農園で、伝統野菜の復活や新たなブランド化を目指した野菜づくりに挑みます。収穫品は、生ごみ等を提供してくれた家々に配ります。農園で育てた四季を感じられる植木の苗も配ります。女性の高齢者は、回収した古着や生地を利用して、おしゃれなバッグなどをつくり、配っています。“生ごみから伝統野菜等へ”、“剪定材から四季を感じる植木へ”、“古着からおしゃれなバッグ等へ”、その循環を高齢者が担い、家々では資源が生まれ変わった喜びを感じています。
バイオガスからつくる電気も利用し、高齢者はセミナーを開いて、エコクッキングや仕立て直しの技術などを教えます。生ごみなどを提供した家に、セミナーの招待券を配り、“物から知識へ”の生まれ変わりも実現しています。


一覧に戻る