ネイチャー・テクノロジー研究会(活動報告)

ネイチャー・テクノロジー研究会 2015年10月からプロジェクト始動(3年間)

古川柳蔵東北大学大学院准教授が研究代表者を務める「未来の暮らし方を育む泉の創造」プロジェクトが先月、科学技術振興機構(JST)の社会技術研究開発センター(RISTEX)で取り組む研究開発領域「持続可能な多世代共創社会のデザイン」の研究開発課題に採択された。プロジェクト期間は2015年10月から18年9月までの3年間。

ネイチャー・テクノロジー研究会 2015年3月6日

モノづくり日本会議(事務局=日刊工業新聞社)のネイチャー・テクノロジー研究会は3月6日、東京・丸の内の東京国際フォーラムでシンポジウム「自然と長寿の人と企業から考えるネイチャー・テクノロジー―心豊かな暮らし方・働き方を支えるモノづくり」を開いた。

ネイチャー・テクノロジー研究会 2014年12月18日

モノづくり日本会議(事務局=日刊工業新聞社)のネイチャー・テクノロジー研究会は2014年12月18日、東京都中央区の銀座フェニックスプラザでシンポジウム「心豊かな暮らし方のかたちと地域デザイン」を開いた。