イベント開催予定一覧

満席御礼  8月25日(金) 第13回新産業技術促進検討会

テーマ

「NEDO次世代航空機材料シンポジウム」
-航空機部材の創製、加工、検査に関わる技術開発の成果報告-

趣旨・概要

民間航空機産業は、今後20年間、年率約5%で成長が見込まれる産業で、燃費改善、環境適合性向上、整備性向上、安全性向上といった二ーズがあり、国際的な産業競争が激化しています。NEDO「次世代構造部材創製・加工技術開発」プロジェクトでは、産官学連携体制を構築して、複合材料を始めとした日本が強みを持つ材料分野と加工技術での技術革新を促進し、航空機に求められている製造コスト低減、運用コスト低減、環境負荷低減並びに安全性向上等の課題を解決するための要素技術を開発し、我が国の部素材産業、加工・製造産業の国際競争力強化を目指しています。

本シンポジウムでは、今までの成果の一部を報告いたします。また、航空機エンジンへの適用が本格化している軽量耐熱材料であるCMC(Ceramic Matrix Composites)の最新動向に関して、東京工科大学片柳研究所香川所長から基調講演をいただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

詳細
開催日
8月25日(金)13:10~16:45(受付開始12:40~)
スケジュール、プログラム
13:10~13:15 ■開会挨拶
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 吉木 政行部長
13:15~13:20 ■来賓挨拶
経済産業省 航空機武器宇宙産業課 
総括課長補佐 海老原 史明氏
13:20~14:05

■基調講演「セラミックス複合材料 (CMC)開発を効率的に行うための技術と知恵」
東京工科大学教授
東京大学名誉教授
香川 豊氏

14:05~14:15 ■NEDOプロジェクト概要説明
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 伊藤 浩久PM
14:15~14:45 ■講演
「RIMCOF技術研究組合について 」
RIMCOF技術研究組合 研究業務部 主幹研究員 澤井 規行氏
「広域分布歪み計測システムを用いた航空機構造健全性診断技術開発」
三菱重工業株式会社 総合研究所 強度・構造研究部 齋藤 望氏
14:50~15:20 ■講演「航空機用難削材高速切削加工技術開発」
東京電機大学 特別専任教授 帯川 利之氏
新潟県工業技術総合研究所 研究開発センター 専門研究員 石川 淳氏
15:20~15:35 休憩
15:35~16:05 ■講演「航空機エンジン高圧タービン用高性能SiC繊維の開発」
宇部興産株式会社 無機材料開発部 グループリーダー 山岡 裕幸氏
16:10~16:40 ■講演「低コスト航空機体開発を実現するための数値シミュレーション技術開発」
東北大学流体科学研究所 教授 大林 茂氏
16:40 ■閉会挨拶
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 吉木 政行部長

※プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

パネラープロフィール

■東京工科大学教授 東京大学名誉教授 香川 豊氏

【略歴】

早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程修了(工学博士) 、三菱電機株式会社、東京大学生産技術研究所、先端科学技術研究センター、大学院工学系研究科教授を経て、2017年4月から東京工科大学教授、同大学片柳研究所所長兼CMCセンターセンター長、2017年6月東京大学名誉教授。専門は、材料強度学、界面力学など、対象とする材料分野はセラミックス、セラミックス系複合材料、耐熱コーティングなど。


■RIMCOF技術研究組合 研究業務部 主幹研究員 澤井 規行氏

【略歴】

1985年 富士重工業株式会社(現 株式会社SUBARU)入社。
航空宇宙事業部(当時)生産技術部にて航空機主要構成品の組立工程計画等に従事。
1989年 オンサイト・レップとして、シアトルのボーイング社に駐在。
1991年 帰任後、業務部門、営業部門、企画管理部門等に従事。
2003年 資材部に異動。 以後、各種購買業務に従事。
2012年 米国富士重工業株式会社(当時)シアトル事務所長に赴任。
北米企業からの部品・材料・装備品等の購買業務に従事。
2016年 (一財)素形材センター出向。
航空機材料技術部 主幹研究員に就任すると共に、兼務としてRIMCOF技術研究組合 研究業務部 主幹研究員に就任。


■三菱重工業株式会社 総合研究所 強度・構造研究部 齋藤 望氏

【略歴】

2010年 三菱重工業株式会社入社
入社以来,航空機(先進技術実証機,MRJ(Mitsubishi Regional Jet)等)の構造開発試験及び研究開発に従事。また,光ファイバセンサを用いた航空機構造健全性診断技術開発及びその実用化に向けた検討を行う。


■東京電機大学・特別専任教授 帯川 利之氏

【略歴】

学歴  
昭和49年 3月 東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
昭和55年 3月 東京工業大学大学院理工学研究科機械物理工学専攻博士課程修了
職歴  
平成10年 7月 東京工業大学工学部機械宇宙学科教授
平成19年 4月 東京大学生産技術研究所機械・生体系部門教授
平成25年 4月 同所先進ものづくりシステム連携研究センター長(併任)
平成29年 4月 東京電機大学学長室(ものづくりセンター)特別専任教授
  現在に至る

専門:生産工学,加工学
主な委員
(社) 精密工学会副会長
(社) 砥粒加工学会副会長
日本学術会議連携会員
文部科学省科学技術・学術審議会専門委員
内閣府戦略的創造イノベーションプログラム「革新的設計生産技術」サブプログラムディレクター


■新潟県工業技術総合研究所 研究開発センター 専門研究員 石川 淳氏

【略歴】

1993年 新潟県工業技術総合研究所入所
機械加工、塑性加工など生産加工関係の研究開発に従事。
2008年よりチタン合金の切削加工技術の開発をはじめとして、航空機用材料の高速切削加工技術の研究開発を担当。
2016年より東京大学生産技術研究所 先進ものづくりシステム連携研究センター 所外研究メンバーとして 航空機用難削材高速切削加工技術開発に参画、現在に至る


■宇部興産株式会社 化学カンパニー 無機材料開発部 無機繊維開発グループ 
グループリーダー
山岡 裕幸氏

【略歴】

1989年広島大学理学部卒、同年宇部興産株式会社に入社、チラノ繊維(SiC繊維)の研究開発に従事、2001年工学博士(大阪府立大学)、現在に至る。


■東北大学流体科学研究所 教授 大林 茂氏

【略歴】

東北大学流体科学研究所教授。1987年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(工学博士)。同年4月NASA Ames研究所客員研究員、1994年東北大学工学部助教授、2000年より同大学流体科学研究所、2003年より現職。2014年4月より流体科学研究所長に併任。同年、平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)、ならびに平成26年度流体科学研究賞を受賞。数値流体力学、超音速翼理論、設計探査の研究に従事。


主催・共催
モノづくり日本会議 / 日刊工業新聞社
共催: 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
会場

ザ・グランドホール【品川駅徒歩5分】
東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー3階 TEL: 03-5463-9971

http://tg-hall.com/access/

参加費
無料
定員

300名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。

お申込み
満席となりました。

お問合せ先

日刊工業新聞社 「モノづくり日本会議事務局」
TEL :03-5644-7608
FAX :03-5644-7209
住所 :〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1(住生日本橋小網町ビル 3F)
E-mail :こちらをクリック