イベント開催予定一覧

満席御礼 11月1日(水) 第15回新産業技術促進検討会

テーマ

自動車産業の将来予測と構造材料軽量化技術の展望
NEDO「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクト成果報告

趣旨・概要

近未来の自動車産業は、環境問題等を背景として、「パワートレーンの多様化」、「車の知能化」、「シェアリングサービスの普及」、「循環経済への移行」等、大きく変化すると予想されます。NEDO「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトでは、自動車、鉄道車両等の抜本的な軽量化に向けて、革新的構造材料と接合技術の開発を行っており、このような社会背景の大きな流れを理解し、予測することにより、プロジェクトの成果の実用化を目指していきます。本シンポジウムでは、これまでの成果の一部を報告するとともに、将来の自動車産業の社会動向に関する基調講演及びパネルディスカッションを通して、将来の新規材料・技術の適用に関して、その役割と課題について議論いたします。

詳細
開催日
2017年11月1日(水)  13:00~17:10(受付開始12:30~)
スケジュール、プログラム
13:00~13:05 ■開会挨拶
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事 今井 淨 氏
13:05~13:15 ■新構造材料技術研究組合理事長挨拶
新構造材料技術研究組合
理事長  岸 輝雄 氏
13:15~14:05 ■基調講演 モビリティー革命2030~素材が切り拓く新モビリティー社会~
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
執行役員  佐瀬 真人 氏
14:05~14:20 ■「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトについて
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
材料・ナノテクノロジー部
椎野 裕 氏
14:20~14:40 ■講演1 NEDOプロジェクト「熱可塑性CFRPの開発及び構造設計・応用加工 技術の開発」 の現状報告と自動車の構造軽量化への貢献
国立大学法人名古屋大学 総長補佐
ナショナルコンポジットセンター担当(産学連携担当)
特任教授 石川 隆司 氏
14:40~14:55 休憩(15分)
14:55~15:15 ■講演2「チタン薄板の革新的低コスト化技術開発とチタンによる自動車部品軽量化の取組み」
東邦チタニウム株式会社 技術開発本部長 執行役員 
藤井 秀樹 氏
15:15~15:35 ■講演3「アルミニウム/異種材料の点接合技術」
マツダ株式会社 技術研究所 革新研究創成部門
主幹研究員 杉本 幸弘 氏
15:35~15:55 ■講演4「トポロジー最適化による自動車ボディ構造の高性能化・軽量化」
国立大学法人京都大学 大学院 工学研究科機械理工学専攻
教授 西脇 眞二 氏
15:55~16:10 休憩(15分)
16:10~17:05 ■パネルディスカッション
「自動車産業の将来予測からみた構造材料の軽量化技術の役割と課題」
【モデレータ】
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
材料・ナノテクノロジー部 部長
吉木 政行 氏
【パネリスト】
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員 佐瀬 真人 氏
国立大学法人名古屋大学 特任教授 石川 隆司 氏
東邦チタニウム株式会社 執行役員 藤井 秀樹 氏
マツダ株式会社技術研究所 主幹研究員 杉本 幸弘 氏
国立大学法人京都大学 大学院教授 西脇 眞二 氏
17:05~17:10 閉会の挨拶

※プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

登壇者プロフィール

■新構造材料技術研究組合 理事長 東京大学 名誉教授 岸 輝雄 氏

【略歴】

東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(工学博士)

1969年3月 東京大学助手、同宇宙航空研究所助教授、工学部助教授、
先端科学技術研究センター教授(現在 名誉教授)
1995年4月 先端科学技術研究センター長
1996年4月 通商産業省工業技術院産業技術融合領域研究所長
1997年7月 日本学術会議会員(17-20期)
2001年4月 独立行政法人物質・材料研究機構理事長(現在 名誉顧問)
2003年7月 日本学術会議副会長
2013年10月 新構造材料技術研究組合理事長
2013年12月 内閣府政策参与 科学技術政策・イノベーション担当PD
2015年9月 外務省参与 外務大臣科学技術顧問

その他西ドイツゲッチンゲン大学フェロー、日本工学会会長などを歴任。本多記念賞、フランス国家功労勲章、バルクハウゼン賞、ASM栄誉終身フェローなどを受賞。


■デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員  佐瀬 真人 氏

【略歴】

自動車/製造業を中心に、事業戦略立案、マーケティング戦略立案、技術戦略立案、組織・プロセス設計に関するコンサルティングに従事
代表的なプロジェクト
●次世代自動車(HV, EV, pHV, FCV)関連
・産業構造変化分析
・次世代自動車普及予測(2020年)
・次世代技術/事業戦略立案
(ビジネスモデル立案、アライアンスパートナー選定)
●事業戦略
・新規事業立案(エネルギー・交通・情報領域)
・アフターマーケット事業戦略(サービスパーツ、用品事業)
●技術戦略・開発プロセス改革
・次世代開発テーマ選定
・制御ソフトウエア開発プロセス改革
執筆他
●『戦略のパラドックスへの解』(共著:翔泳社)
●『図解 次世代自動車ビジネス早わかり』(共著:中経出版)
●『モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造』(
共著:日経BP)
他寄稿、講演も多数あり


■国立大学法人名古屋大学 総長補佐 ナショナルコンポジットセンター担当(産学連携担当)
特任教授 石川 隆司 氏

【略歴】

東京大学大学院工学系研究科航空学専攻博士課程修了。博士(工学)

1978年4月 東京大学宇宙航空研究所(当時)入所、文部教官助手
1988年7月 科学技術庁航空宇宙技術研究所 機体一部(当時) 複合材構造研究室長
2003年10月 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 
先進複合材評価技術開発センター長
2008年4月 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 理事 研究開発本部長 及び 
航空プログラム統括リーダ
2012年4月 国立大学法人 名古屋大学 工学研究科 教授 航空宇宙 工学専攻 
ナショナル・コンポジット・センター長
2015年4月
~現在
国立大学法人 名古屋大学 特任教授 総長補佐 
ナショナル・コンポジット・センター担当


■東邦チタニウム株式会社 技術開発本部長 執行役員 藤井 秀樹 氏

【略歴】

1982年 京都大学理学部物理学科卒業
1984年 京都大学大学院工学研究科修士課程物理工学専攻修了
1984年 新日本製鐵株式会社(現 新日鐵住金株式会社)入社
1984年 同社 第一技術研究所、鉄鋼研究所 (2016年まで)
1992年 工学博士(京都大学)
2013年 新日鐵住金株式会社 鉄鋼研究所 チタン・特殊ステンレス研究部長
2016年 東邦チタニウム株式会社 技術開発本部副本部長
2017年 同 技術開発本部長、現在に至る。

■マツダ株式会社 技術研究所 革新研究創成部門 主幹研究員 杉本 幸弘 氏

【略歴】

1978年3月 京都大学 工学部 冶金学科 卒業
1978年4月 日本アルミニウム工業株式会社 入社
1982年4月 マツダ株式会社 入社
技術研究所材料研究部門に配属
自動車用金属材料および成形加工技術の研究開発に従事
1997年7月 主幹研究員
1999年4月 金属材料研究グループリーダー
アルミニウム複合材料の研究開発に関し、自動車技術会技術開発賞および
素形材産業技術賞(通産省機械情報産業局長賞)を受賞
2011年5月 先進車両構造研究部門に異動
2013年4月 革新研究創成部門、現在に至る

■国立大学法人京都大学 教授 西脇 眞二 氏

【略歴】

1986年 京都大学工学部精密工学科卒業
1988年 京都大学大学院工学研究科精密工学専攻修士課程修了,同年㈱豊田中央研究所入社
1995年 企業派遣としてミシガン大学機械工学・応用力学学科博士課程入学
1998年 同大学同課程修了,Ph.D.取得
2002年 (株)豊田中央研究所退社,同年京都大学大学院工学研究科助教授就任
2007年 同大学同研究科准教授
2009年 同大学同研究科教授に昇進,現在に至る.専門分野は,構造最適化,特にトポロジー最適化の基礎理論とその応用
主催・共催
主催:モノづくり日本会議 / 日刊工業新聞社
共催:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
会場
ベルサール秋葉原 2F ホールA (千代田区外神田3-12-8住友不動産秋葉原ビル)
https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/tokyo/bs_akihabara/access「秋葉原駅」電気街口徒歩4分(JR線)
「秋葉原駅」A3出口徒歩5分(つくばエクスプレス)
「秋葉原駅」2番出口徒歩7分(日比谷線)
参加費
無料
定員
300名
※定員に達し次第締め切らせていただきます。
お申込み
満席となりました。

 

お問合せ先

日刊工業新聞社 「モノづくり日本会議事務局」
TEL :03-5644-7608
FAX :03-5644-7209
住所 :〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1(住生日本橋小網町ビル 3F)
E-mail :こちらをクリック