イベント開催予定一覧

終了 11月10日(金) 第16回 新産業技術促進検討会

テーマ

IoT社会の実現に向けた基盤技術の開発

趣旨・概要

 IoT推進のための横断技術開発プロジェクトでは、高度なIoT社会の実現のために不可欠となる次世代IoT基盤技術の研究開発を幅広く実施するとともに、個別技術を統合化しシステムとして最適に処理・制御を行うための技術開発に取り組んでおります。
今回は、本プロジェクトを主体とし、平成28年度に経済産業省で実施されたスマート工場実証事業を加えた研究成果の報告及び試作品デモの展示を行います。
また、東京大学 森川教授より「ストーリーとしてのデジタル変革」と題して特別講演をいただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

詳細
開催日
11月10日(金) 10:15~17:20 (9:45受付開始)
スケジュール、プログラム
10:15~10:20 ■開会挨拶
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事 今井 淨 氏
10:20~11:00 ■特別講演「ストーリーとしてのデジタル変革」
国立大学法人東京大学 教授 森川 博之氏
11:00~11:15 ■超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステムの研究開発
国立大学法人東京大学 生産技術研究所 教授
技術研究組合NMEMS技術研究機構 スマートセンシング研究所 所長 藤田 博之氏
11:15~11:30 ■スマートエッジを実現する超低消費電力データ収集システムの研究開発
株式会社デバイス&システム・プラットフォーム開発センター
代表取締役社長 波多野 至氏
11:30~11:45 ■インテリジェントIoTプラットフォームの研究開発
国立大学法人東京工業大学 情報理工学院 教授 三宅 美博氏
11:45~12:00 ■トリリオンノード・エンジンの研究開発
国立大学法人東京大学 教授 桜井 貴康氏
12:00~13:30 昼休憩 (90分)  展示紹介12:05~、13:00~
13:30~13:45 ■Sensor-to-Cloud Security ~ ビッグデータを守る革新的IoTセキュリティ基盤技術の研究開発
国立大学法人横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授 松本 勉氏
13:45~14:00 ■省電力AIエンジンと異種エンジン統合クラウドによる人工知能プラットフォーム
国立大学法人東京大学 情報基盤センター ネットワーク研究部門
教授 工藤 知宏氏
14:00~14:15 ■超高速・低消費電力ビッグデータ処理を実現・利活用する脳型推論集積システムの研究開発
国立研究開発法人産業技術総合研究所 ナノエレクトロニクス研究部門
総括研究主幹 秋永 広幸氏
14:15~14:30 ■組合せ最適化処理に向けた革新的アニーリングマシンの研究開発
株式会社日立製作所研究開発グループ主任研究員 山岡 雅直氏
14:30~15:10 休憩 (40分) 展示紹介14:35~
15:10~15:25 ■スマート製造&工場を実現するオンデマンド製造サービスと工場向け基幹業務クラウド(平成28年度スマート工場実証事業 補助事業:経済産業省事業)
株式会社カブク 代表取締役社長 稲田 雅彦氏
15:25~15:40 ■工場現場の機器・設備等の生産ラインと業務系アプリケーションとの情報をやりとりするのに必要なSI(システムインテグレーション)業務プロセスの標準仕様の設定(平成28年度スマート工場実証事業:経済産業省事業)
ミツイワ株式会社 マネージャー 深瀬 哲也氏
15:40~15:55 ■中小企業用IoTツールの構築(平成28年度スマート工場実証事業:経済産業省事業)
小島プレス工業株式会社 総務部参事 兼子 邦彦氏
15:55~16:35 休憩 (40分) 展示紹介16:00~
16:35~16:50 ■高速大容量ストレージデバイス・システムの研究開発
株式会社東芝 研究開発本部 研究開発センター
プログラムリーダー 國島 巌 氏
16:50~17:05 ■先進IoTサービスを実現する革新的超省エネルギー型ビッグデータ基盤の研究開発
国立大学法人東京大学生産技術研究所・教授 喜連川 優氏
17:05~17:20 ■高速ストレージクラスメモリを用いた極低消費電力ヘテロジニアス分散ストレージサーバーシステムの研究開発
学校法人中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 教授 竹内 健氏

※プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

パネラープロフィール

■国立大学法人東京大学 教授 森川 博之 氏

【略歴】

1987年東京大学工学部電子工学科卒業.1992年同大学院博士課程修了.工博.
2006年東京大学大学院教授.先端科学技術研究センター教授を経て,
現在,東京大学大学院工学系研究科教授.
2002~2007年NICTモバイルネットワークグループリーダ兼務.
モノのインターネット/M2M/ビッグデータ,センサネットワーク,
無線通信システム,情報社会デザインなどの研究に従事.
電子情報通信学会論文賞(3回),情報処理学会論文賞,ドコモモバイルサイエンス賞,
総務大臣表彰,志田林三郎賞,情報通信功績賞など受賞.
OECDデジタル経済政策委員会(CDEP)副議長,新世代M2Mコンソーシアム会長,
NEDO IoT推進のための横断技術開発プロジェクトプロジェクトリーダー等.
総務省情報通信審議会委員,国土交通省研究開発審議会委員等.


■国立大学法人東京大学 生産技術研究所 教授
技術研究組合NMEMS技術研究機構 スマートセンシング研究所 所長 藤田 博之氏

【略歴】

1975年東京大学工学部電気工学科卒業. 1980年同大学院博士課程修了. 工博.
1993年から東京大学生産技術研究所教授. 現在, 同付属マイクロナノ学際研究センター副センター長.
この間, 1983年-1985年米国マサチューセッツ工科大学 (MIT) 客員研究員, 2004年-2007年独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)客員教授, 2009年-2012年東京大学生産技術研究所副所長, 2000年-2016年同附属マイクロナノメカトロニクス国際研究センター長, 2015年カリフォルニア大学バークレー校客員教授.
主としてMEMSとバイオ・ナノ技術への応用, 異分野融合マイクロシステム, マイクロ振動発電の研究に従事.
1997年市村学術賞功績賞, 2000年服部報公賞, 2001年フランス共和国政府教育・学術功労勲章, 2005年文部科学省・科学技術賞, 2005年電気学会業績賞, 2007年船井情報科学振興賞, 2013年山崎貞一賞などを受賞.
NEDO MEMS設計解析ソフトウェア開発プロジェクト プロジェクトリーダー等.
国土交通省社会インフラのモニタリング技術活用推進検討委員会委員等.


■株式会社デバイス&システム・プラットフォーム開発センター 代表取締役社長 波多野 至氏

【略歴】

1977年アルプス電気(株)入社。世界初のナビゲーションシステムの開発に従事。
1984年から約13年間同社米国シリコンバレー米国子会社に駐在、プリンターの現地販売会社、ペン入力コンピュータのSI会社の設立に従事。
2000年より同社オプト営業部長、企画室長、事業戦略室部長、技術企画室部長を歴任。
2014年より ㈱エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所にてエネルギーハーベスティングコンソーシアム運営、NEDO委託事業に従事。
2016年7月より現職である㈱デバイス&システム・プラットフォーム開発センター代表取締役社長として、IoTスマートエッジ端末の開発、販売、コンサルティング及びエッジプラットフォームコンソーシアムの運営に携わっている。


■国立大学法人東京工業大学 情報理工学院 教授 三宅 美博氏

【略歴】

1989.3 東京大学 大学院薬学系研究科 博士課程修了(薬学博士)
1989.4-1996.3 金沢工業大学 大学院工学研究科 情報工学専攻 助手・講師・助教授
1996.4-2016.3 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 知能システム科学専攻 准教授・教授
2016.4-現在 東京工業大学 情報理工学院 情報工学系 知能情報コース 教授

(併任)

1996.10-現在 場の研究所 客員研究員 理事
1999.10-現在 ミュンヘン大学 人間科学研究センター 客員教授
2004.4-現在 東京大学 人工物工学研究センター 客員研究員
2015.8-現在 WALK-MATE LAB(株) 取締役(CTO)

■国立大学法人東京大学 教授 桜井 貴康氏

【略歴】

1981年東京大学博士課程修了。工博。 (株)東芝にてCMOSLSIの研究開発に従事。
1998年よりU.C.Berkeley客員研究員。
1996年より東京大学、生産技術研究所教授。専門は集積エレクトロニクスシステム設計。
IEEE Pederson賞、IEEE Paul Rappaport賞、IEEE ICICDT賞、電子情報通信学会業績賞、エレクトロニクス・ソサイエティー賞ほか受賞。
VLSIシンポジウムExecutive委員長、IEEE A-SSCC Steering委員長など多数の国際学会の委員長歴任。
JSTナノエレ分野総括。IEICEフェロー、IEEEフェロー。


■国立大学法人横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授 松本 勉氏

【略歴】

1986年3月東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻博士課程修了、工学博士。同年4月横浜国立大学講師。
2001年4月より同大学院環境情報研究院教授。暗号アルゴリズム・プロトコル、ネットワーク/ソフトウェア/ハードウェアセキュリティ、バイオメトリクス、人工物メトリクス、計測セキュリティ、自動車セキュリティ等の「情報・物理セキュリティ」の研究教育に1981年より従事。
1982年にオープンな学術的暗号研究を目指した「明るい暗号研究会」を4名で創設。
2005年-2010年国際暗号学会IACR理事。CRYPTREC暗号技術検討会座長。日本学術会議連携会員。
第32回電子情報通信学会業績賞、第5回ドコモ・モバイル・サイエンス賞、第4回情報セキュリティ文化賞、
2010年文部科学大臣表彰・科学技術賞(研究部門)受賞。


■国立大学法人東京大学 情報基盤センター ネットワーク研究部門 教授 工藤 知宏氏

【略歴】

1991年3月慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻後期博士課程単位取得退学。
東京工科大学情報工学科助手・講師・助教授、技術研究組合新情報処理開発機構研究室長、独立行政法人産業技術総合研究所研究チーム長、研究グループ長、研究部門長などを経て2015年4月より東京大学情報基盤センターネットワーク研究部門教授。
ネットワークアーキテクチャ、計算機システム、IT資源管理などの研究に従事。博士(工学)


■国立研究開発法人産業技術総合研究所 ナノエレクトロニクス研究部門
総括研究主幹 秋永 広幸氏

【略歴】

1992年3月、筑波大学大学院工学研究科 博士課程修了。工学博士。
同年4月、通産省工業技術院電子技術総合研究所入所
1993年産業技術融合領域研究所へ異動。
2002年 産業技術総合研究所ナノテクノロジー研究部門・研究グループ長
2011年 同研究所ナノデバイスセンター・センター長。
2013年より現職。その間、ベルギーIMEC客員研究員、東京大学物性研究所客員助教授、東京工業大学理工学研究科客員教授など。

また、2015年より、JST戦略的創造研究推進事業「微小エネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出」副研究総括。機能性酸化物を用いた不揮発性メモリの研究、脳型推論デバイス・システムの研究、先端機器共用施設の運営などに従事。


■株式会社日立製作所研究開発グループ主任研究員 山岡 雅直氏

【略歴】

1998年 京都大学大学院工学研究科情報通信工学専攻 修士課程終了
2007年 京都大学大学院情報学研究科 博士課程終了 博士(情報学)
1998年 日立製作所中央研究所入社
以来、低電力半導体回路、低電力メモリ回路の研究に従事。
2012年より 新計算アーキテクチャの研究に従事。

■株式会社カブク 代表取締役社長 稲田 雅彦氏

【略歴】

「モノづくりの民主化」を掲げて2013年、株式会社カブクを設立。
3Dプリンティングによるデジタル製造プラットフォームを立ち上げる。
トヨタ自動車、Hondaのパーソナルモビリティへのカスタマイズパーツの提供を行うほか、グローバルでのデジタル工場向け基幹業務クラウド提供など、デジタルものづくり分野でさまざまな企業と協業し、高い注目を集めている。
東京大学大学院修了(コンピュータサイエンス)。大学院にて人工知能の研究に従事。
新卒にて博報堂入社。新規事業開発、統合コミュニケーション戦略・クリエイティブ企画開発を行う。
カンヌ、アドフェスト、ロンドン広告祭、TIAAなど、受賞歴多数。
大阪出身。主な著書『3Dプリンター実用ガイド』


■ミツイワ株式会社 マネージャー 深瀬 哲也氏

【略歴】

1990年㈱富士通京浜システムエンジニアリング(現、富士通株式会社)入社。
システムエンジニアとして主に製造業・物流業及び、小売業のシステム導入を担当。
2016年ミツイワ株式会社入社。
それまでのITシステム導入経験を活かし、FA技術者とともにロボットシステム導入手順(RIPS)を策定。
現在、実案件を行いながらRIPSの普及活動に従事する。


■小島プレス工業株式会社 総務部参事 兼子 邦彦氏

【略歴】

昭和52年 4月 小島プレス工業株式会社 入社
平成 2年 1月 情報システム課課長
平成17年 1月 技術企画部主査
平成19年11月 総務統括部参事
平成28年11月 総務部参事
至 現在

(外部委員等)

国連CEFACT日本委員会/サプライチェーン情報基盤研究会  理事
国際/業界横断EDI 委員長
ITコーディネータ協会 データ連携調査研究会中小企業EDI部会 部会長
インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ(IVI) 幹事
日本銀行金融高度化センター商流ファイナンスに関するワークショップ 委員
全国銀行協会 XML電文への以降に関する検討会 委員
経済産業省 IoTによるビジネス変革WG 中堅・中小企業サブ幹事会 委員
経済産業省 XML電文への移行にかかる標準化検討会 委員
経済産業省 ITクラウド経営支援基盤調査研究 委員
日本商工会議所 中小企業IoT・クラウド活用研究会 委員
IT協会 IoT検討委員会 委員
クラウドサービス推進機構 委員 等


■株式会社東芝 研究開発本部 研究開発センター プログラムリーダー 國島 巌 氏

【略歴】

1985年3月早稲田大学大学院理工学研究科(修士課程)を修了後、株式会社東芝に入社。以来、先端半導体のプロセス・デバイス技術を中心とした研究開発業務に従事。
近年は特に次世代不揮発性メモリに関る研究開発に力を入れており、2015年度NEDO「低炭素社会を実現する超低電圧デバイスプロジェクト」サブプロジェクトリーダー、2016年度よりNEDO「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト/高速大容量ストレージデバイス・システムの研究開発」研究開発責任者を務め現在に至る。


■国立大学法人東京大学生産技術研究所・教授 喜連川 優氏

【略歴】

国立情報学研究所所長、東京大学生産技術研究所教授。
1983年東京大学大学院博士課程修了。
情報処理学会会長(2013-2015年)、日本学術会議情報学委員長などを務める。データベース工学の研究に従事。
ACM SIGMOD E. F. Codd Innovations Award、電子情報通信学会業績賞、情報処理学会功績賞、全国発明表彰「21世紀発明賞」、C&C賞などを受賞。
2013年紫綬褒章、
2016年レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。
ACM、IEEE、電子情報通信学会、情報処理学会フェロー。


■学校法人中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 教授 竹内 健氏

【略歴】

1991年3月 東京大学 工学部 物理工学科卒業
1993年3月 東京大学 大学院工学系研究科 物理工学専攻 修士課程修了
1993年4月 (株)東芝 研究開発センター ULSI研究所 研究員
2003年6月 スタンフォード大学 ビジネススクール 経営学修士課程修了(MBA)
2006年3月 東京大学 大学院工学系研究科 電子工学専攻 論文博士取得(工学博士)
2007年7月 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 基盤情報学専攻 准教授
2008年4月 東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻 准教授
2012年4月 中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 教授(現職)

主催・共催
主催:モノづくり日本会議 / 日刊工業新聞社
共催:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
会場
ベルサール汐留 2F HALL A,B
〒104-0061 東京都中央区銀座8-21-1住友不動産汐留浜離宮ビル
https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/tokyo/bs_shiodome/access汐留駅(大江戸線、ゆりかもめ) 徒歩5分
新橋駅(JR、銀座線、浅草線、ゆりかもめ) 徒歩8分
東銀座駅(日比谷線、浅草線) 徒歩9分
参加費
無料
定員
300名
※定員に達し次第締め切らせていただきます。
お申込み

お申込み

ID・パスワードをお持ちの方はこちらから

 

お問合せ先

日刊工業新聞社 「モノづくり日本会議事務局」
TEL :03-5644-7608
FAX :03-5644-7209
住所 :〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1(住生日本橋小網町ビル 3F)
E-mail :こちらをクリック