平成30年度 大規模津波防災総合訓練

【訓練目的】
国土交通省では、中央防災会議で決定された総合防災訓練大綱に基づき、平成17年度より、「大規模津波防災総合訓練」を毎年実施しています。
平成27年12月、国連総会本会議で11月5日を「世界津波の日」として決議されるなど、国際社会において、津波対策の重要性についての意識が高まるなか、この訓練は、「世界津波の日」の周辺の日に実施しています。
南海トラフ地震などによる津波が想定される地域において、関係機関と連携し、被災者の救助・救出活動、活動支援のためのTEC-FORCEによる緊急排水や道路・航路啓開、緊急物資輸送などの実動訓練を実施するものです。

【訓練日時】
平成30年11月3日(土) 9:00~12:00(一部の訓練車両・船舶を訓練終了後から13時まで一般公開します)
※天候などの理由により中止する場合は当日朝6時に当HPでお知らせします。
※訓練開催の有無は、当日朝5時59分から6時にCBCラジオ(AM1053kHz FM93.7MHz)でお知らせします。

【訓練場所】
メイン会場   :四日市港霞ふ頭(三重県四日市市霞二丁目)
サテライト会場 :答志島(三重県鳥羽市桃取町)

【詳細】
http://www.tsunamibousai30.jp/

Top

読み込み中です