イベント開催予定一覧

終了 5月30日(水) 記念講演 スマートファクトリーJapan 2018

テーマ
スマートファクトリーAWARD2018 記念講演
趣旨・概要

モノづくり日本会議は、「スマートファクトリーJapan 2018」の併催で記念講演を開催します。

今回、スマートファクトリーAWARD2018 記念講演として
NEDOアドバイザー/東京大学政策ビジョン研究センターシニアリサーチャー 小川 紘一 氏に
「IoT時代の日本企業が目指すべき方向」と題してご講演いただきます。

【講演概要】
2010年代から世界の至るところでゲームチェンジが起きている。その背後にあるのは、価値形成の場がオープンなエコシステムへシフトし、さらにサイバー空間へもシフトする経済環境に他ならない。本講演では、ゲームチェンジが起こるメカニズムを多くの事例で解き明し、日本企業が向かう方向をオープン&クローズ戦略やアーキテクチャ思考の徹底およびモノが発生するデータの利活用(サービス価値の創出)という視点からご説明し、この是非を皆様と一緒に考えたい。

●スマートファクトリーAWARD2018 記念講演
http://biz.nikkan.co.jp/eve/smart-factory/seminars.html?special_seminars

【スマートファクトリーJapan 2018 開催概要】
製造現場や生産管理の先進化や効率化を目指す「スマートファクトリーJapan」を2018年5月30日(水)~6月1日(金)の日程で、東京ビッグサイトにて開催いたします。本展示会は、製造工場においてスマートファクトリーを実現するうえで、欠かすことのできない「IoT」や「インダストリー4.0」を搭載した情報管理システムをはじめ、製造設備・装置、その他、生産工場に関する技術・製品を展示公開いたします。

これからのモノづくり、製造現場・生産管理に必要な先進化・効率化の両立へ、本展示会をご活用くださいますようお願い申し上げます。

●「スマートファクトリーJapan2018」専用サイト
http://biz.nikkan.co.jp/eve/smart-factory/

詳細
開催日
5月30日(水) 15:00~17:00
スケジュール、プログラム
15:00~17:00 ■記念講演『IoT時代の日本企業が目指すべき方向』
NEDOアドバイザー/東京大学政策ビジョン研究センターシニアリサーチャー
小川 紘一氏

※プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

講演者プロフィール

NEDOアドバイザー/東京大学政策ビジョン研究センターシニアリサーチャー 小川 紘一氏

【略歴】

1973年 富士通研究所・研究部長を経て、富士通ビジネス部門へ移籍、事業部長,理事を経て
2004年から東京大学大学院・経済研究科ものづくり経営研究センター
2004年から上海復旦大学Information Science学科教授(2008年まで)
2008年から東京大学総括プロジェクト機構の特任教授を経て
2013年4月より現職

【近著】

  • 増補改訂版『オープン・アンド・クローズ戦略―日本企業再興の条件』 翔泳社
  • 『国際標準化と事業戦略』 白桃書房
  • 「知財立国のジレンマ」 渡部俊哉編
    東京大学知的資産経営総括寄付講座シリーズ第1巻 『ビジネスモデルイノベーション』 白桃書房
  • 「国際標準化と比較優位の国際分業・経済成長」 渡部俊哉編
    東京大学知的資産経営総括寄付講座シリーズ第2巻 『グローバルビジネス戦略』 白桃書房
  • 「オープン・イノベーションシステムー欧州における自動車組み込みシステムの開発と標準化―」(共著) 晃洋書房

主催
日本防災産業会議  モノづくり日本会議  日刊工業新聞社
会場

東京ビッグサイト 東2ホール メインステージA
〒135 0063 東京都江東区有明3丁目11ー1  TEL:03-5530-1111

http://biz.nikkan.co.jp/eve/bousai/access.html

参加費
無料(事前登録が必要です)
定員
300名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
お問合せ先
日刊工業新聞社 「モノづくり日本会議事務局」
TEL :03-5644-7608
FAX :03-5644-7209
住所 :〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1(住生日本橋小網町ビル 3F)
E-mail :こちらをクリック