イベント開催予定一覧

終了 2018年2月23日(金)シンポジウム「進化を続ける二次電池~研究開発、ビジネスの最新動向」

テーマ
「二次電池の可能性を探る」
趣旨・概要

リチウムイオン電池が開発されてから20余年を経過しました。モバイル電源や車載電源として用途開発が進み、普及の一途をたどっています。しかし、より安全に、より便利に、といったニーズに沿って研究開発は脈々と続けられています。 当検討会では、リチウムイオン二次電池開発者である吉野彰氏に基調講演をいただくほか、産業技術総合研究所、マクセル株式会社の講演をプログラムし、研究開発、ビジネスの両面から二次電池の可能性を探りたいと思います。 幅広い業種からのご参加をお待ちしています。

詳細
開催日
2018年2月23日(金) 13:00~17:00 交流会17:15~18:30(交流会は満席となりました)
スケジュール、プログラム
13:00 – 13:20 ■ご挨拶
パナソニック株式会社 特別顧問/モノづくり日本会議共同議長 大坪 文雄氏
国立研究開発法人 産業技術総合研究所関西センター所長 角口 勝彦氏
13:20 – 14:55 ■基調講演「二次電池のこれから」
技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター(LIBTEC)
理事長 旭化成 株式会社 名誉フェロー 吉野 彰氏
14:55 – 16:00 ■講演「車載用リチウムイオン電池(LIB)の現状と今後の展望」
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 電池技術研究部門
総括研究主幹 兼 蓄電デバイス研究グループ 研究グループ長 小林 弘典氏
16:00 – 17:00 ■講演「マクセルにおける二次電池事業の戦略、展望」
マクセル 株式会社 エナジー事業本部
新事業推進本部 企画部 副部長 樋口 勇人氏
17:15 – 18:30   【第2部 交流会】
大阪科学技術センター 7階レストラン

※プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

講演者プロフィール

■技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター(LIBTEC) 理事長
旭化成 株式会社 名誉フェロー 吉野 彰氏

【略歴】

1970年 京大工学部石油化学科卒、72年 京大工学研究科修士課程修了、05年 阪大院工学研究科博士(工学)取得、72年旭化成工業(株)(現 旭化成)入社、92年 旭化成(株)イオン二次電池事業推進部商品開発グループ長、97年 旭化成(株)イオン二次電池事業グループ長、01年 旭化成(株)電池材料事業開発室長、03年 旭化成グループフェロー、10年4月 技術研究組合 リチウムイオン電池材料評価研究センター(LIBTEC) 理事長(現在)、17年旭化成名誉フェロー(現在)


■国立研究開発法人産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 
電池技術研究部門 総括研究主幹 兼 蓄電デバイス研究グループ研究グループ長 小林 弘典氏

【略歴】
1996年神戸大自然科学研究科博士課程修了、同年大阪工業技術研究所(現産業技術総合研究所)入所、08年1月NEDO技術開発機構出向、10年1月産業技術総合研究所復職、現在に至る。 専門は固体電気化学。LIB正極材料開発、車載用LIBの寿命評価手法開発及び革新型LIBの研究開発に従事。


■マクセル株式会社 エナジー事業本部 新事業推進本部 企画部 副部長 樋口 勇人氏

【略歴】
1994年同志社大電気化学専攻修士課程修了、同年日立マクセル(株)(現マクセル)入社。
96年リチウムイオン電池設計部、09年パワー電池事業部設計部部長、15年エナジー事業本部開発部部長、17年現職。
入社以来22年に渡りリチウムイオン電池の開発、設計に従事。幅広い用途向けのリチウムイオン電池の製品化を経験。現在は電池事業の新分野開拓をミッションに、IoTウェアラブルデバイス、ロボット、ドローン用電池の商品開発に邁進中。


主催/共催
国立研究開発法人 産業技術総合研究所/モノづくり日本会議/日刊工業新聞社
会場

大阪科学技術センター(大阪市西区靭本町1-8-4) TEL 06-6443-5324
第1部 シンポジウム :8階大ホール
第2部 交流会 :7階レストラン
http://www.ostec.or.jp/data/access.html

参加費
無料
※交流会のみ有料 ¥3,000(交流会は満席となりました)
定員
第1部 シンポジウム:300名 
第2部 交流会 :50名
※交流会は満席となりました
お申込み
終了しました
お問合せ先

日刊工業新聞社 「モノづくり日本会議事務局」
TEL :03-5644-7608
FAX :03-5644-7209
住所 :〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1(住生日本橋小網町ビル 3F)
E-mail :こちらをクリック