侵入口にならないために「サイバーリスク」オンラインセミナー

その他
開催日時
2024年7月18日 14:00
開催場所
ウェブセミナー(Zoom)
 侵入口にならないために「サイバーリスク」オンラインセミナー 
  経団連推奨公式ガイドブック「サイバーリスクマネジメントの強化書」をマスターするために 



◆開催趣旨◆
2019年に経団連が「サイバーリスク取締役向けハンドブック」を発刊し、その内容を取締役向けのみならず、現場の責任者や担当者にとっても有益となるよう2023年2月に私共CRMJ(Cyber Risk Management Japan)研究会が経団連推奨公式ガイドブック「サイバーリスクマネジメントの強化書」を上梓をし、サイバーリスクは経営課題であることや、サイバーリスクマネジメントを正しく強化するために一定程度の貢献をさせて頂いてるかと存じます。
 
一方、情報処理推進機構(IPA)が公表した「情報セキュリティ10大脅威2024」では、ランサムウェアによる被害が9年連続で1位に挙げられ、サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃が6年連続で2位。様々な入口から侵入され対策が十分ではない海外拠点から狙われるケースも近年増えており、どこからどう始めたらいいか分からないといった声が今でも頻繁に聞こえて参ります。そのような厳しい現実の中でも、いかにして優先順位を見極め、レジリエンス力を回復するためのポイントについて現在のアップデイト情報も含めて解説させて頂きます。
 
今回の講演は9月5日開催予定のマーシュ主催・モノづくり日本会議共催・経団連後援による経団連会館に於けるサイバーリスクマネジメントセミナーの予告編と言った意味合いも含んで居ります。当日には経団連副会長でNEC顧問の遠藤信博様をはじめ、全日本空輸様、Google Mandiant Japan様, 日本ヒューレッドパッカード様、JCIC様と言った豪華な講師陣によります講演及びパネルディスカッションを予定しております。

◆開催概要◆
実施日程 2024年7月18日(木)
開催時間 14:00〜(講演45分・質疑応答15分)
開催方法 オンライン開催(Zoom)
参加料  無料
登録締切:セミナー終了まで
主 催  モノづくり日本会議
講演資料:講演中のみ配布
録画配信:期間限定で配信予定

◆講師◆
f2ub8fvkscbpt4wdb4wh_320_400-a7c344b6.jpg

佐藤 徳之 氏
マーシュ ジャパン株式会社 シニア・エバンジェリスト
(プロフィール)
1989年マーシュジャパン入社。1993年より1999年までロサンゼルス駐在し米国西海岸日系企業責任者。2000年よりマーシュ、マーサー、オリバーワイマンのNY本社で持ち株会社のMarsh & McLennanに於いてグループ戦略部門のアジア地区総責任者。2004年にマーシュジャパンに復帰。現在サイバーリスクのシニアエバンジェリスト。2004年社会生産性本部国民化会議の専門委員として住基ネット推進の麻生総務大臣への答申メンバー。又、総務省からの依頼による電子政府推進の為のタスクフォースの委員となりASP白書等の執筆陣。2018年カーネギーメロン大学CISO(Chief Information Security Officer)リーダーシップスクール終了。2019年ハーバード大学サイバーセキュリティ・オンラインスクール終了。CRMJ(Cyber Risk Management Japan)研究会の発起人、事務局長として経団連推奨公式ガイドブック「サイバーリスクマネジメントの強化書」の執筆及び監修。現在、明治学院大学経済学部及び東京大学工学部にてリスクマネジメント及び保険論の非常勤講師。一般社団法人Group of Nations Japanの取締役会議長も兼務。
 
  ※完了後、ご登録いただいたメールアドレスに『noreply@zoom.us』より登録確認メールが配信されます。
 上記ドメインからのメールを受け取れるよう、受信設定のご変更をお願いします。
 

プロフィール

カテゴリー

Top

読み込み中です