超モノづくり部品大賞シンポジウム(モノづくりマッチングJapan2018 内)

関東
開催日時
2018年10月18日 13:00
開催場所
東京ビッグサイト 東4ホール

申込みはこちら(モノづくりマッチングJapan 外部サイト)
https://www.event-expo.jp/autumnfair2018/regist/

テーマ

「部品産業が拓く次世代の日本のモノづくり」

開催概要
 今年の「"超"モノづくり部品大賞」の大賞を受賞企業による講演に加え、「持続的な製品開発を実現する
組織マネジメント」をテーマにしたパネルディスカッションを行います。
 パネルディスカッションは、本賞を複数回受賞している企業が登壇し、持続的な製品開発を可能にしてい
る技術開発力とそれを支える企業文化・組織環境等についてお話しいただきます。

プログラム
■主催者挨拶 
 日刊工業新聞社 代表取締役社長 井水 治博

■審査アドバイザーによる講評
 慶應義塾大学 名誉教授 / 中部大学 名誉教授 稲崎 一郎 氏

■大賞受賞企業による記念講演
『日立製作所ヘルスケア事業の今後の展望』
 MRIやCT、超音波診断装置といった画像診断機器から、粒子線がん治療装置、医療IT関連サービス
まで、多岐に渡る医療機器・サービスを提供する日立製作所のヘルスケア事業の今後の展望について、長年、
医療機器関連事業に携わってきた同社ヘルスケアビジネスユニットチーフエグゼクティブの河野敏彦氏が講演
します。
 今年「"超"モノづくり部品大賞」を受賞した超音波探触子の特長についてもお話しいただきます。
【講演者】
 日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット チーフエグゼクティブ 河野 敏彦 氏

■パネルディスカッション
「持続的な製品開発を実現する組織マネジメント」本賞を複数回以上受賞している3社が登壇し、各社5分
のプレゼンの後、持続的な製品開発を可能にしている技術開発力とそれを支える企業文化・組織環境につい
て討議します。
【パネリスト】
・NTN 常務執行役員 電動モジュール商品事業部長 亀高 晃司 氏
・安川電機 理事 広報・IR部長 林田 歩 氏
・三菱日立ツール 理事 開発技術本部長 坂本 靖 氏
【モデレータ】
 日刊工業新聞社 取締役 編集局長 四竈 廣幸

プログラム詳細・申し込みはこちらhttps://biz.nikkan.co.jp/eve/match/seminars.html#guest_seminars


登壇者
●慶應義塾大学 名誉教授 / 中部大学 名誉教授 稲崎 一郎 氏

慶応義塾大学大学院工学研究科機械工学修了。工学博士(1969年)。慶應義塾大学理工学部教授、慶應義
塾大学理工学部長、カリフォルニア大学バークレー校客員教授を経て、中部大学総合工学研究所特任教授、
慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科名誉教授。
福澤賞受賞(2006年)、IMS 国際功労賞、精密工学会賞、F.W.Taylor
Research Medal(ともに2005年)
受賞。

●日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット チーフエグゼクティブ 河野 敏彦 氏

1983年株式会社日立メディコに入社、2004年USシステム本部長、2006年4月CTシステム本部長、2010年
4月執行役兼柏事業場副代表者。
2011年日立アロカメディカル株式会社 技術統括本部副本部長、同年6月取締役、2015年常務取締役。
2016年日立製作所ヘルスケアビジネスユニット 診断システム事業部長、2018年4月チーフエグゼクティブ。

●NTN 常務執行役員  電動モジュール商品事業部長 亀高 晃司 氏

1982年エヌ・テー・エヌ東洋ベアリング(現NTN)入社。2012年執行役員、2015年常務執行役員。
入社後、実験及び応用設計部門を経て、1988年アメリカNTN販売に出向。5年にわたり、自動車用製品
の応用設計業務に携わる。
その後、ハブベアリングの開発などに従事し、2010年に中国地区副総支配人に就任。
2015年帰国。2016年より、電動モジュール商品事業部長 兼 自動車事業本部副本部長 兼 EVモジュール
事業部副事業部長。

●安川電機 理事 広報・IR部長 林田 歩 氏

1985年安川電機製作所(現 安川電機)入社。世界シェア10%を目指したインバータ事業部で設計・企画を
担当。その後、2000年に本社へ異動し、開発・設計情報管理を中心としたグローバル なIT戦略そして経営
企画を担当。2007年より広報を担当し、2011年東京管理部長兼広報・IRグループ長を経て、2015年に
広報・IR部長。現在に至る。 

●三菱日立ツール 理事 開発技術本部長 坂本 靖 氏

1986年日本工具製作所入社、開発業務を中心に従事、2004年に野洲工場商品開発センタ-長、2015より開
発技術本部長、現在に至る。
第一回モノづくり部品大賞部品賞を受賞し、その後連続入選。2008年にエポックマイクロステップボーラーで
「大賞」を受賞。14年連続してモノづくり部品大賞の入選を更新中。

プロフィール

管理者
最終ログイン

カテゴリー

Top

読み込み中です