【WEB開催】特別講演会「ウィズコロナ時代におけるマーケティングリサーチ ~活きた情報の取得と利活用~」

その他
開催日時
2021年12月16日
開催場所
ウェブセミナー(Zoom)
■講演概要
新型コロナウイルスの感染拡大により、移動を伴う営業や企画、マーケティング等の活動が制限され、コロナ前に比べて情報の入手が難しくなっているのは周知のとおりです。企業が戦略的な事業活動を円滑に展開するためには、マーケットのトレンドや動向に関する情報をリアルタイムにかつ的確に収集することが不可欠となりますが、これまでのような直接訪問や面談によって入手してきた有用な情報が得られにくくなっております。
しかしながら足元の社会情勢を見ると、グローバル化の更なる進展や国際的な経済対立、世界共通の課題となっているSDGs対応、地球温暖化問題への対策、循環型経済活動の強化などのさまざまな動きが見られており、企業にとっての情報の価値・重要性はこれまで以上に高まっております。
本セミナーではウィズコロナの時代において、社会情勢や市場環境の変化を踏まえた活きた情報の取得と利活用に関する事例を紹介するとともに、マーケットで注目される新市場/新技術について調査会社の視点から紹介します。

【開催日程】12月16日(木)
【開催時間】14:00~15:15
【プログラム】講演60分+質疑応答15分(予定)
 ※必ずご質問にお答えできるとは限りません。
【定員】100名(事前登録制、先着順)
 ※定員に達し次第申し込み受付を終了させていただきます
【開催方法】ZoomによるWEBセミナー
【参加料】無料
【参加手法】参加登録された皆様には、WEBセミナーにアクセスするためのURLを
      12月15日にメールにてお知らせします。
【登録締め切り】12月15日(水)13:00
【主催】日刊工業新聞社 モノづくり日本会議
 
■講演者
c4tz8fpjhrc2u699an7f_320_400-c4408778.jpg
 鈴木 洋平 氏
 株式会社工業市場研究所
 第1事業本部 課長

 <講演者プロフィール>
2003年に工業市場研究所入社。環境・エネルギー、エンジニアリング、社会インフラ、工業製品、装置・機械等の領域を中心に国内外でマーケティングリサーチを行う。国内でのリサーチ活動とともに、米国、中国、韓国、イギリス、ドイツ、ギリシャ、インド、タイ、フィリピン、インドネシア、ミャンマー、バングラディシュなどで活きた情報の収集・分析の実績を有する。また、非接触テクノロジー、IoTセンサ、デジタルヘルス、注目先端技術に関するマーケットレポートの調査・執筆にも携わる。2021年7月より現職。

◆お申し込みはこちら◆
https://a12.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=408&g=123&f=212&fa_code=23cdb26e36fd2daa8efd1f40d735e3ac

プロフィール

カテゴリー

Top

読み込み中です