2019国際ロボット展会場内ツアー「産業用ロボットの最新動向と未来」

関東
開催日時
2019年12月19日
開催場所
東京ビッグサイト
2019国際ロボット展会場内ツアー「産業用ロボットの最新動向と未来」

開催概要
 「2019国際ロボット展」会場内で、注目の産業用ロボットの出展企業ブースを巡り、業界の動向・トレンドや各社の見所、最新の製品・サービス等を効率的に知ることができるツアーを開催します。
 ツアーでは、各ブースのご担当者からけでなく、ガイドを務めるNTTデータ経営研究所 情報未来イノベーション本部長・三治信一朗氏も専門家の視点から解説します。


開催日:12月19日(木)
時 間①10:30~12:30 東京ビッグサイト「南展示棟」
   【訪問ブース】ファナック、ABB、オムロン、川崎重工業、三明機工、Team Cross FA、ひろしま産業技術の会等
    ②14:00~16:00 東京ビッグサイト「青海展示棟」
   【訪問ブース】トヨタ自動車、パナソニック、三菱電機、MUJIN、ジェイテクト等  
    ※1人につき、ご参加できるは①②のどちらか1つのみです。
    
※各社の出展内容は、以下のURLのページから検索できます。

     https://www.event-expo.jp/robot2019/jp/index.php
定 員:各15名【抽選】
申 込https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aoArfm  



ガイド
kc3ckygm5ofrmp2oec2h-10147b47.jpg
NTTデータ経営研究所 情報未来イノベーション本部長
三治 信一朗
 早稲田大学大学院理工学研究科卒業後、大手シンクタンクを経て、2015年にNTTデータ経営研究所入社。2017年同社パートナー。2019年4月より情報未来イノベーション本部長を務める。
 ロボット・AIを中核に、先端技術を社会実装に役立てるためのコンサルティングを実施。特に、産官学の連携による、イノベーションエコシステムの仕掛けに強み。


(2019国際ロボット展概要)
2019 国際ロボット展」は、「ロボットがつなぐ人に優しい社会」をテーマに、人とロボットが共存・協働する社会を目指して開催いたします。会期中は、国内外より最新のロボットが展示されるほか、AI、ICT、要素技術などロボットに関わる技術が一堂に展示されます。
主催:一般社団法人日本ロボット工業会、日刊工業新聞社
後援:経済産業省、 厚生労働省、 農林水産省、 国土交通省、 総務省、文部科学省、日本商工会議所、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、日本貿易振興機構(JETRO)、NHK 〈順不同、一部申請中、法人格略〉
会期:2019年12月18日(水)~ 21日(土)
会場:東京ビッグサイト 青海・西・南ホール
入場料:1,000円 ※事前登録者および招待券持参者、中学生以下は無料
詳細:https://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/
t886artn6kfw4k6uawcu_320_400-04f4f2c6.jpg

8w6udbt5o27uac226349_320_400-da89bca7.jpg
gzyrfjcg2ta28b26rcs5_320_400-b5cdac1c.jpg

(関連記事)
世界最大のロボット展、トヨタやファナックなどを視るツアー参加者募集(2019/12/10)
インタビュー/SIer協会会長・三明機工社長の久保田和雄氏(2019/12/6)
未来を創るロボット/日本ロボット工業会会長・橋本康彦氏に聞く(2019/12/5)
2019国際ロボット展、業界幅広く637社出展 SIerゾーン新設(2019/11/20)
安川電、全体洗浄可能な協働ロボ 食品・医薬分野に訴求(2019/11/20)
過去最大規模となる国際ロボット展、裏テーマは「ロボットは人の仕事を奪わない」(2019/11/20)

プロフィール

カテゴリー

Top

読み込み中です